BUSINESS

赤外線浮き測定 T-1000シリーズ

近年、赤外線サーモグラフィ性能の飛躍的な向上に伴い、従来は不明瞭であった熱画像をより遠方から鮮明にとらえることが可能となりました。
弊社はHD画質非冷却赤外線センサー最高画素クラス(1024×768HD)であるT-1000シリーズを採用し、主に超高層建築物外壁の非接触調査を専門に行っています。
また、赤外線調査において最も重要となる現地の温度管理をWiFi経由でリアルタイム観測すると共に、撮影距離・画角・障害物の有無等について事前に綿密な3Dシミュレーションを実施することで、従来は不透明であった赤外線調査のプロセスを可視化し、解析精度の向上を図っています。

赤外線調査を実施するにあたり、まずは三次元CADに配置した地図上で調査計画を立てます。その後、現地踏査を行い、現地における実際の状況に即した撮影位置と画角を確定して3Dシミュレーションを実施します。撮影した熱画像は現地でリアルタイム観測及び収集した温度グラフと併せて専門ソフトで解析し、浮きの可能性を判定します。

3Dシミュレーションによる
合理的な赤外線調査計画
3Dシミュレーションによる
合理的な熱画像撮影
リアルタイム温度計測結果に基づいた
熱画像解析

適用範囲

・建築基準法第12条に基く、外装仕上材の調査、及びその他外壁調査
・コンクリート建造物の劣化(爆裂、空隙等)調査
・橋梁、擁壁、トンネル、ビル、その他コンクリート建造物全般